フレックス作品全集『Allegro Flex』(楽曲監修:坂井貴祐)完成。

フレックス作品全集『Allegro Flex』(楽曲監修:坂井貴祐)完成。

ずっと制作を進めていたフレックス作品全集『Allegro Flex』(総監修:佐藤正人、楽曲監修:坂井貴祐)が完成し、商品サンプルが送られてきました。ユニバース社が約10年前にリリースした吹奏楽全集『新・アレグロ』の続編として企画されたもので、商品は…

  1. 全曲書き下ろし作編曲作品 47曲のスコア&パート譜
  2. 上記作品の参考演奏CD 5枚
  3. 佐藤正人先生による基礎合奏指導DVD&解説書
  4. 埼玉栄高校が行っている楽器別デイリートレーニングのDVD&譜例集
  5. 小編成バンドの参考にできる「東日本学校吹奏楽大会」金賞受賞団体のライブ映像 DVD 2枚

という内容で構成されています。楽譜はすべて5パート+打楽器のフレックス編成。上記セットが、専用の段ボールに入ってドーンと届きました。

私は、この企画の草案づくりから事務作業、作編曲家のブッキング、ほぼ毎週行われた長時間の企画会議、すべての収録の立ち会いなど、8ヶ月以上に渡って深く携わりました。

制作スケジュールが超タイトだったものの、総監修の佐藤正人先生や作編曲家の方々、編集の方々など、多くの方に多大なご協力をいただき、無事完成!こうして商品を目にすると感慨深いです。

収録曲

収録曲の一例を挙げると…

【毎日の基礎合奏に】
・「J.S.バッハ371のコラール集」より12曲(変ロ長調 – ト短調 – ヘ長調…と、吹奏楽で多い調性から厳選)

【上記基礎合奏の応用として】
・主よ人の望みの喜びよ(J.S.バッハ/黒川圭一 編)
・目覚めよと呼ぶ声あり (J.S.バッハ/鹿野草平 編)

【行事・式典用に】
・旅立ちの日に(合唱付き)(坂本浩美/下田和輝 編)
・美中の美(J.P.スーザ/井澗昌樹 編)
・行進曲「威風堂々」第1番より(E.エルガー/片岡俊治 編)
・得賞歌/蛍の光/君が代(片岡俊治 編)

【演奏会や地域のイベントに】
・春のメドレー (金山徹 編)
・夏のメドレー (石毛里佳 編)
・秋のメドレー (井澗昌樹 編)
・冬のメドレー (金山徹 編)
・山田耕筰 歌曲集(高橋宏樹 編)

【コンクール自由曲、定期演奏会に】
・瑞祥の調べ (福田洋介)
・ソナタ モノクローム (石毛里佳)
・チルドレンズ・ホリデー (下田和輝)
・タンゴ・インプレッション (片岡寛晶)
・畏れらるゝ大地 (三浦秀秋)
・ルーマニア民族舞曲(B.バルトーク/下田和輝 編)
・歌劇「トゥーランドット」より(G.プッチーニ/鹿野草平 編)
・「リュートのための古風な舞曲とアリア」第3組曲より(O.レスピーギ/高橋宏樹 編)
・組曲「子供の領分」より V.小さな羊飼い、VI.ゴリウォーグのケークウォーク(C.ドビュッシー/坂井貴祐 編)
・「小交響曲」より III.スケルツォ、IV.フィナーレ(C.グノー/片岡俊治 編)
・テレプシコーレ舞曲集(M.プレトリウス/佐藤正人 編)

【語りと吹奏楽】
・語りと吹奏楽のための「民話 ききみみずきん」(福島弘和)
・宮沢賢治作「オツベルと象」(江原大介)
・ハイライツ・フロム・リンカーン(清水大輔)

など「毎日の楽器練習、基礎合奏に役立つ」「学校行事からコンクールまで、さまざまなシチュエーションで1年中使える」作品の数々が収録されています。

基本的には全国の中学校・高校に直接販売される商品なので店頭に並ぶことはありませんが、多くの方々の役に立てばいいな、と思います。

CD・DVD収録風景

収録は2月末から4月中旬まで、さまざまなホールで行われました。

指導:佐藤正人、渡辺由美子(打楽器)
演奏:埼玉県立松伏高等学校吹奏楽部(顧問 荒井美里)
埼玉県栄高等学校吹奏楽部(顧問 奥章)
東京都小平市立小平第三中学校吹奏楽部
ウインド・アンサンブル21
千葉県柏市立柏第三中学校吹奏楽部(顧問 藤原奈里)
合唱:埼玉県立松伏高等学校吹合唱部(顧問 朝見郁美)
独唱: 森由美子
語り:水野潤子
作編曲 :石毛里佳 / 井澗昌樹 / 江原大介 / 小野寺真 / 片岡俊治 / 片岡寛晶 / 金山徹
鹿野草平 / 黒川圭一 / 坂井貴祐 / 佐藤正人 / 清水大輔 / 下田和輝 / 高橋宏樹
福島弘和 / 福田洋介 / 三浦秀秋
収録: CAFUAレコード / シンフォニクス株式会社 / 太陽倶楽部レコーディングス

ところで「フレックス楽譜」とは…

フレックス楽譜は編成の枠にとらわれることなく、多様な人数で対応できるように作られた、 組み合わせ自由なスタイルの楽譜です。曲はPart 1からPart 5までの5パートと打楽器で構成されています。

例えばPart 1では、Fl./Ob./EbCl./Alt.Sax./BbCl./Trp./Sop.Sax.のいずれかの楽器ひとつでも、すべての楽器を同時に使ってでも演奏が可能です。Part 2からPart 5のリストにある楽器も同様です。

そのため、各パートに1人ずつ割り振れば5人で、各パートに任意の人数を割り振れば20人でも30人でも “自分のバンドにあった編成” で演奏をすることができます。

クラリネットがいないから演奏できる曲がない…、ホルンがいないから…、そんな問題も全て解消できます。

(解説より)

こういった総合的な仕事をしたのは今回が初めて。とても貴重な経験でした。