ロケットミュージックより『ルーマニア民俗舞曲』(バルトーク/坂井貴祐 編曲)が出版されました。

ロケットミュージックより『ルーマニア民俗舞曲』(バルトーク/坂井貴祐 編曲)が出版されました。

吹奏楽(小編成)販売譜

2019年3月29日、ロケットミュージックより『ルーマニア民俗舞曲』(バルトーク/坂井貴祐 編曲)が出版されました。CD「究極の吹奏楽~小編成コンクール vol.6」のための書き下ろし編曲で、最少8人から演奏可能です。

バルトークがルーマニア各地の民謡を収集し作曲した「ルーマニア民俗舞曲」を小編成吹奏楽用に編曲しました。20人前後いれば充実した響きが出ますが、Fl.(Picc.)、Cl.、A.Sax.、Trp.、Hrn.、Trb. or Euph.、低音楽器、Perc.の最少8人揃えば問題なく演奏が成り立つように工夫してあります(1stより2ndのパートの方が音が高い部分があるのは、そういった配慮のためです)。

編曲に当たっては、バルトークが制作した「ピアノソロ」版と「小オーケストラ」版、バルトークと親しかったZ.セーケイによる「ヴァイオリンとピアノ」版を参考にしました。

スコアに載せた解説より)

編成について

Piccolo (Flute持ち替え)
(*) Flute
(*) Oboe
(**) Bassoon

B♭Clarinet 1
(*) B♭Clarinet 2
(**) B♭Bass Clarinet

E♭Alto Saxophone
(*) B♭Tenor Saxophone
(**) E♭Baritone Saxophone

B♭Trumpet 1
(*) B♭Trumpet 2
F Horns 1
(*) F Horns 2
Trombone 1 or Euphonium
(*) Trombone 2 or Euphonium
(*) Euphonium (opt.)
(**) Tuba
(*) String Bass

Timpani
Suspended Cymbal, Triangle, Crash Cymbals
Glockenspiel, Marimba, Vibraphone, Xylophone
  • 上記「*」印のついたパートは省略が可能です。
  • 上記「**」のついた低音楽器が最低ひとつあれば成り立ちます。
  • オーボエに何ヶ所かソロがありますが、奏者がいない場合はフルートやクラリネットで代替できるように小音符が記してあります。
  • 打楽器は3名で演奏することを前提としています。1名、または2名しかいない場合はどの音を演奏するか、適宜選択してください(打楽器のパート譜は3段にまとめてあり、それぞれの動きがわかるようになっています)。

【Euphoniumについて】
・トロンボーン奏者が0人の場合→Trb.1パートを演奏。
・トロンボーン奏者が1人の場合→Trb.2パートを演奏。
・トロンボーン奏者が2人以上の場合→Euph.(opt.)パートを演奏。

試聴

楽譜をAmazon.co.jpで購入